睡眠障害(不眠症)と睡眠薬について

           

月睡眠薬の副作用


睡眠障害の治療に睡眠薬を使うこともあります。全く眠れなかった人も、 自分の症状に合った睡眠薬を処方してもらうことで眠ることができるのはメリットですが、薬である以上何らかの副作用があるということも知っておくことは重要です。 これは睡眠薬限らず、薬全般に言えることでもあります。

睡眠薬にも種類がありますし、副作用の出方にも個人差はあります。何らかの副作用があることを知った上で服用すれば、正しく服用できます。 睡眠障害の治療法はその人の症状や原因によって、最適な方法を見極めることも大切ですので、医師の指示に従うことも重要です。

睡眠薬の副作用については個人差もありますが、

  •   翌日まで眠気が残る
  •   寝起きがだるい
  •   睡眠薬が無いと眠れなくなる
  •   頭痛

といった副作用が出る方が多いです。現在は睡眠薬の種類も増えていますので、効果の持続時間の違うものを使い分けたりすることもできます。 睡眠薬の場合は睡眠効果の持続時間の違いで、効果も変わるので翌日まで眠気が残るのが嫌な場合は、短時間のものを選ぶということもできます。 現在では安全性も高く、依存性の少ない睡眠薬も開発されています。

症状や原因に合わせてその人にとって最適なものを医師が選びますので、 医師の指示通りに服用していれば以前のように強い副作用に悩むことも少なくなっているといいます。 睡眠薬にあまりいいイメージを持てない人もいるかもしれませんが、あまり神経質にならないことも大切ですね。

月睡眠薬の注意点


眠くなることを期待してアルコールと睡眠薬を併用しようと考える人もいますが、 副作用が強く出ることもありますし、アルコールの利尿作用で夜中にトイレに行きたくなり目が覚めてしまうこともあります。 睡眠薬を服用している間はアルコールは控えましょう。

効き目が弱いものであっても、睡眠薬を人にあげた場合は法律違反になりますので注意しましょう。

妊娠中や授乳中は赤ちゃんにも影響が出ると言われているので、自己判断で飲むようなことがないよう注意しましょう。

病院に行かずに市販の睡眠導入剤を使おうと考えることもありますね。 しかし症状や原因にあっていない場合は、改善されないこともありますので、必ず医師に相談しましょう。

 

★睡眠障害(不眠症)の症状 ★睡眠障害(不眠症)の原因  ★睡眠障害(不眠症)の改善法 ★睡眠障害(不眠症)の治療
 ★睡眠薬について ★睡眠薬のメリットとデメリット  ★睡眠薬の副作用と注意点 ★市販の睡眠薬

▲TOPへ戻る

Copyright (C) 不眠症(睡眠障害)と睡眠薬  All Rights Reserved.