睡眠障害(不眠症)と睡眠薬について

   

月睡眠薬について

睡眠障害の治療方法には、睡眠薬を使用する薬物療法というのもあります。
睡眠薬の一般的なイメージとしては、

  •  飲むとよく眠れるけど翌朝体がだるくなる
  •  一度睡眠薬に手を出すと睡眠薬が無いと眠れなくなる

といったマイナスなイメージを持つ人も多いようですね。
しかしどうしても眠れない場合には、睡眠薬を使ったほうが効果的なこともあります。 薬なので多少の副作用もありますが、睡眠薬にも種類があるということを知っていますか?

  •  飲んだ途端眠くなる即効性のあるもの
  •  眠り安い状態に導くもの
  •  睡眠薬の効果が持続する時間の違い

他にも様々な種類があります。 睡眠障害の症状や原因にも個人差があるので、その人の原因や症状に合った薬を選ぶことができます。また症状によっては複数の薬を併用することもあります。 現在使用されている睡眠薬の多くは、依存性も少なく安全性の高いものなので、医師の指示通り服用すれば安全なのです。

医療の進歩に伴い睡眠薬の種類も変わってきています。 以前の依存性の高いイメージがある睡眠薬は、バルビツール酸系のものが主流でした。 飲むとまもなく眠くなるので即効性はありますが、続けることで効果が薄れたり、飲まないと眠れなくなるという依存性がありました。 脳の働きを休ませることで、眠らせるという仕組みです。

現在の主流は、ベンゾジアゼピン系もしくは非ベンゾジアゼピン系のものです。
続けても依存性もなく、効果が薄れ量が増えるという心配もない安全性の高い薬です。 脳を休息の状態に切り替えることで、睡眠に導くという仕組みです。

一見すると現在の主流の後者の方が安心できるように思えますが、一睡もできないような場合は前者の方が効果的な場合もあります。 どちらを選ぶかは原因や症状によって医師が決めることですので、医師の指示に従い治療を進めていくことが大切です。

このように睡眠薬にも種類があるので、安易に市販の睡眠導入剤を使用せず医師に相談することをおすすめします。

 

★睡眠障害(不眠症)の症状 ★睡眠障害(不眠症)の原因  ★睡眠障害(不眠症)の改善法 ★睡眠障害(不眠症)の治療
 ★睡眠薬について ★睡眠薬のメリットとデメリット  ★睡眠薬の副作用と注意点 ★市販の睡眠薬

▲TOPへ戻る

Copyright (C) 不眠症(睡眠障害)と睡眠薬  All Rights Reserved.