睡眠障害(不眠症)と睡眠薬について

     

月睡眠障害(不眠症)の原因


睡眠障害(不眠症)の原因は一つではありません。
多少個人差もありますが、治療をするにあたり原因をはっきりとさせておくことも大切です。一般的な睡眠障害(不眠症)の原因を見ていきましょう。

■ストレス
ストレスは睡眠障害の一番の原因と言っていいかもしれません。 ストレスにも種類があるので、中には自覚していないストレスなども原因となることがあります。

■病気
病気が原因で睡眠障害になることもあります。
痛み、かゆみ、頻尿、アレルギー症状、喘息などが睡眠の妨げになりますが、この場合は病気を治療し回復するにつれ睡眠障害も改善されることが多いようです。

■うつ病
うつ病も睡眠障害(不眠症)の原因になることが分かっています。この場合もうつ病を治療し、克服することで睡眠障害も改善されます。

■アルコール、カフェイン、ニコチン
意外と見落としがちな原因として、アルコール、カフェイン、ニコチンがあります。
タバコや寝酒、コーヒーを1日に何杯も飲む人は、これが睡眠障害の原因になることもあります。 中には薬の中にカフェインが含まれているものもあるので、治療で薬を服用することで一時的に睡眠障害になることもあります。
健康ドリンクにもカフェインが多く含まれるので、寝る前に飲む場合は成分を確認するといいでしょう。 タバコ、お酒、カフェインを習慣にしている人は、これを控えることで改善されていきます。

他には海外旅行での時差ボケで一時的に睡眠障害になることもありますし、夜勤の人は昼と夜が逆転してしまうため睡眠障害に陥ることもあります。

 

★睡眠障害(不眠症)の症状 ★睡眠障害(不眠症)の原因  ★睡眠障害(不眠症)の改善法 ★睡眠障害(不眠症)の治療
 ★睡眠薬について ★睡眠薬のメリットとデメリット  ★睡眠薬の副作用と注意点 ★市販の睡眠薬

▲TOPへ戻る

Copyright (C) 不眠症(睡眠障害)と睡眠薬  All Rights Reserved.